2017年04月24日

カルシウムを摂ると体からよけいカルシウムが減る?!

 これは、ダウン症状と言われる現象で、カルシウムだけではなく、多くのミネラル剤に共通して言えることです。

 カルシウムを摂取した直後に血液中のカルシウム濃度が急上昇することで、「血液中のカルシウム濃度が高すぎるから、カルシウムを体外に排出するように!」という指令が脳から出され、大急ぎでカルシウムを排出するので、今度は一気に血液中のカルシウム濃度が急下降します。

 血液中のカルシウム濃度が下がるので、気分が悪くなったり、だるくなったり、体調が悪くなることがあります。

 これがダウン症状です。

 そんなことが起こるなら、カルシウムを摂らない方がいいと誰でも思うでしょう。

 実は、このダウン症状を引き起こすカルシウムは「悪玉カルシウム」と言われるもので、「善玉カルシウム」の場合は摂取しても血液中のカルシウム濃度を上昇させないのでダウン症状を引き起こすことはないのです。



骨がスカスカだとどうなる?
骨はカルシウムの貯蔵庫です
カルシウムは体のすべての部分で必要です
カルシウム不足だと体内にカルシウムがあふれだす
善玉カルシウムと悪玉カルシウム
あなたの骨年令は何歳?
カルシウムを摂ると体からよけいカルシウムが減る?!
市販のカルシウム剤や牛乳を飲んでいるのにカルシウム不足が改善されないのはなぜ?
カルシウムを摂りすぎると結石になると聞いたけれど本当?
・カルシウム不足の症状は?
・どのような食品にカルシウムが多く含まれているの?
1日に必要なカルシウムはどの位?
・深刻な子どもたちのカルシウム不足


お勧めの善玉カルシウム




posted by カルシウムと健康を考える会 at 04:36| カルシウムを摂ると体からよけいカルシウムが減る?! | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。