2017年03月27日

カルシウムは体の全ての部分で必要です

 カルシウムは私たちの体の中でどのような働きをするのでしょうか?

    カルシウム=骨
と考えがちですが、カルシウムは骨や歯を造るためだけに必要なのではありません。

 体の中には約60兆もの細胞があります。その全ての細胞が活動するために必要なのがカルシウムなのです。

 心臓を動かしたり、手足を動かしたり、考えたりという様々な動きが実は細胞に働きかけるカルシウムのおかげだったのです。詳しくあげると下記の7項目になります。

@骨や歯を形成する
A筋肉の収縮、弛緩を制御する
B神経細胞間の情報伝達物質としての働き
C血液を凝固させる
D免疫作用としての働き
Eホルモン分泌の調整を行う
F酵素の働きを助ける


 カルシウムがまったくなくなってしまったら、私たちは心臓を動かすことや呼吸することもできなくなってしまうのです。

 体が正常に働くために、きちんとカルシウムを摂取しなければなりません。


 ただし、カルシウムならどんなものでもよいわけではありません。
悪玉カルシウムではなく、善玉カルシウムを摂取しましょう。



骨がスカスカだとどうなる?
骨はカルシウムの貯蔵庫です
カルシウムは体のすべての部分で必要です
カルシウム不足だと体内にカルシウムがあふれだす
善玉カルシウムと悪玉カルシウム
あなたの骨年令は何歳?
カルシウムを摂ると体からよけいカルシウムが減る?!
市販のカルシウム剤や牛乳を飲んでいるのにカルシウム不足が改善されないのはなぜ?
カルシウムを摂りすぎると結石になると聞いたけれど本当?
・カルシウム不足の症状は?
・どのような食品にカルシウムが多く含まれているの?
1日に必要なカルシウムはどの位?
・深刻な子どもたちのカルシウム不足


お勧めの善玉カルシウム





posted by カルシウムと健康を考える会 at 17:32| カルシウムは体のすべての部分で必要です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。