2017年04月24日

骨がスカスカだとどうなる?

骨塩量が下がって骨がスカスカになると、いったいどのようなことが起こるのでしょう?

1番初めに思いつくのは骨折ですね。腕や足などの骨折はもちろん、背骨の圧迫骨折や大腿骨頸部の骨折など、特に老人の方の骨折はよく耳にします。

次は、腰痛でしょうか?骨と骨の間にある椎間板が薄くなり、神経を圧迫するために痛みが出ます。いずれも、「骨」から想像しやすいことばかりですね。

けれども、実は、骨がスカスカになることの裏にはもっと重大なことがひそんでいるのです。

骨がスカスカになるということは、カルシウムが不足しているということです。カルシウムは人間の生命の成長維持に欠かせないミネラルなので、カルシウムが不足すると、私たちの体は正常な働きをすることができなくなってしまいます。

 カルシウムが不足することで引き起こされる病気は、免疫力低下、糖尿病、心臓病、脳血管障害、子宮筋腫、卵巣のう腫、めまい、白内障、難聴、リューマチ、アレルギー、ガンなど驚くほど多岐にわたっています。

 ですから、もし「骨粗鬆症ですよ。」と言われたら、骨折の危険性があるのはもちろんですが、様々な病気がいつ起きてもおかしくないと気づかなければなりません。

 骨をスカスカではなく丈夫なものにするためには、カルシウムを摂取することが大切です。ただし、カルシウムならどんなものでもよいわけではありません。

 摂って良い「善玉カルシウム」と良くない「悪玉カルシウム」とがあります。


骨がスカスカだとどうなる?
骨はカルシウムの貯蔵庫です
カルシウムは体のすべての部分で必要です
カルシウム不足だと体内にカルシウムがあふれだす
善玉カルシウムと悪玉カルシウム
あなたの骨年令は何歳?
カルシウムを摂ると体からよけいカルシウムが減る?!
市販のカルシウム剤や牛乳を飲んでいるのにカルシウム不足が改善されないのはなぜ?
カルシウムを摂りすぎると結石になると聞いたけれど本当?
・カルシウム不足の症状は?
・どのような食品にカルシウムが多く含まれているの?
1日に必要なカルシウムはどの位?
・深刻な子どもたちのカルシウム不足



お勧めの善玉カルシウム




posted by カルシウムと健康を考える会 at 04:39| 骨がスカスカだとどうなる? | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。